転移を有するまたは再発の局所進行散発性のトリプルネガティブ乳癌に対するカルボプラチンの効果は、ドセタキセルよりも優れてはいないことが明らかとなった。またBRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子に変異を有する患者では、抗腫瘍効果、無増悪生存期間(PFS)はカルボプラチンがドセタキセルよりも有意に優れている可能性が示された。無作為化フェーズ3試験、NTの結果示されたもの。

ログインして全文を読む