浸潤性小葉癌(ILC)患者に対するアナストロゾールの有効性は、サブタイプに強く依存していることが、フェーズ3のランダム化比較試験(ABCSG-8)の事後に行われたレトロスペクティブなサブグループ解析から示された。12月9日から13日まで米国サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2014)で、スイスBreast Center St GallenのMichael Knauer氏が発表した。

ログインして全文を読む