転移を有する腎細胞癌に対する分子標的薬逐次療法の検討から、ガイドラインに沿った薬剤変更以外に、副作用プロフィールが薬剤選択に大きく影響すること、また異時性再発が全生存期間(OS)の予後因子となると考えられることが示された。4月24日から27日まで神戸市で開催された第102回日本泌尿器科学会総会で、日本大学泌尿器科学系泌尿器科学分野の山口健哉氏が発表した。

ログインして全文を読む