アキシチニブ投与時に発現する有害事象は、前治療薬の違いによって異なり、前治療薬による有害事象が消失せず影響を与えている可能性が示唆された。その内容を検討することが、次の治療薬選択の判断材料になる可能性もあるという。進行性腎細胞癌でアキシチニブを投与された患者の有害事象について、前治療薬別に比較した結果、明らかになったもので、4月24日から4月27日まで神戸市で開催された第102回日本泌尿器科学会で、近畿大学医学部泌尿器科の野沢昌弘氏が報告した。

ログインして全文を読む