浸潤性膀胱癌に対し、術前MVAC療法(メトトレキサート、ビンブラスチン、ドキソルビシン、シスプラチン)とGC療法(ゲムシタビン、シスプラチン)の病理学的効果や生存期間は同等であることが確認された。4月24日から27日まで神戸市で開催された第102回日本泌尿器科学会総会で、倉敷中央病院泌尿器科/京都大学医学研究科泌尿器科学の福井智洋氏らが発表した。

ログインして全文を読む