日本に導入された手術支援ロボットda Vinci Surgical System(以下、da Vinci)は、2013年末に159台となり、米国に次ぐ世界第2位のda Vinci保有国となった。ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RARP)の保険収載以降、国内におけるRARPの件数は急増している。ロボット手術は女性泌尿器科医の特性が発揮されやすい点でも期待されるが、日本の女性泌尿器科医のライセンス取得者は16名程度とまだ少ない。

ログインして全文を読む