去勢抵抗性前立腺癌に対する間欠的ドセタキセル療法は、QOLを維持しつつ、長期生存を得られる可能性があることが明らかになった。東北3大学とその関連病院で実施された多施設共同前向き試験で示されたもので、4月24日から4月27日まで神戸市で開催されている第102回日本泌尿器科病学会で、秋田大学医学部泌尿器科の成田伸太郎氏が発表した。

ログインして全文を読む