ゲムシタビンとシスプラチン併用療法(GC療法)抵抗性の進行性尿路上皮癌に対し、セカンドライン治療として、パクリタキセルとカルボプラチン併用療法は有用な治療選択肢であることが明らかになった。4月24日から神戸市で開催されている第102回日本泌尿器科学会総会で、兵庫県立柏原病院泌尿器科/兵庫県立がんセンター泌尿器科の寺川智章氏、兵庫県立がんセンター泌尿器科の井上隆朗氏らが発表した。

ログインして全文を読む