日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)腎癌スモールワーキンググループは、JCOG初の腎癌の臨床試験として、TKI不応例における2次治療として、エベロリムスとアキシチニブの有効性を比較する臨床試験のプロトコール案をまとめた。4月24日から27日まで神戸市で開催されている第102回日本泌尿器科学会総会の特別企画2「治療マップの作成:腎がん」のセッションの中で発表された。腎癌スモールワーキンググループの代表者の1人である熊本大学の江藤正俊氏は「主要評価項目や症例数などまだ検討する点が残ってはいるが、できるだけ早く開始したい」と語った。

ログインして全文を読む