中高リスク急性骨髄性白血病(AML)第1寛解期における血縁者間移植に代わる移植法として、非血縁者間骨髄移植は、ドナーコーディネートに要する時間を考慮しても臍帯血移植より良い選択肢であるという臨床決断分析の結果が報告された。ただし、この順序は臍帯血移植の成績向上によって変わる可能性があることも示唆された。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、藤田保健衛生大学血液内科の柳田正光氏らが発表した。

ログインして全文を読む