急性骨髄性白血病(AML)および急性リンパ性白血病(ALL)患者において、移植後の移植片対宿主病(GVHD)や社会復帰ができないことがQuality of life(QOL)に大きく影響し、また化学療法を受けた患者では再発への不安や社会的支援がないことがQOL低下に関わっていることが、患者報告アウトカムの分析で明らかになった。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、国立がん研究センター中央病院造血幹細胞移植科の黒澤彩子氏らが発表した。

ログインして全文を読む