慢性期慢性骨髄性白血病(CML-CP)患者の予後は非常に良好で、現在使用されているどのチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)でも有効性が高いことが、日本血液学会が実施している「新TARGET」観察研究の中間解析で明らかになった。また予後因子であるSokalスコアはTKI治療下でも予後因子として有用であることも示された。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、島根大学医学部腫瘍・血液内科の鈴木律朗氏らが発表した。

ログインして全文を読む