フェルスターの蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)の原理を用いた薬剤感受性試験によって、慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP)患者におけるニロチニブの反応性を治療開始前に予測できる可能性が示された。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、北海道大学大学院医学研究科血液内科学の近藤健氏が報告した。

ログインして全文を読む