ゲムシタビンを含む治療は、再発または難治性の悪性リンパ腫に対するサルベージ療法として高い効果と安全性を示し、外来治療でも実施可能な新たな治療選択として有用である可能性が示された。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、岐阜大学血液内科の中村博氏が報告した。

ログインして全文を読む