移植不適応の再発または難治性多発性骨髄腫(MM)患者において、患者の年齢や合併症、腎機能などに従って用量調整したレナリドミドとデキサメタゾン併用療法は、臨床効果を維持し、有害事象による投与中止も少ないことが、フェーズ2試験の中間解析で明らかになった。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、岩手医科大学医学部附属病院血液・腫瘍内科の伊藤薫樹氏らが発表した。

ログインして全文を読む