再発低悪性度リンパ腫に対して、ベンダムスチン治療に先行する形でイットリウム(90Y)イブリツモマブチウキセタンを投与することにより、ベンダムスチンの効果や副作用に大きな影響を及ぼすことなく、ベンダムスチン導入までの無治療期間を延長することが可能であることが明らかになった。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、大阪府立成人病センター血液・化学療法科の日野彬央氏が報告した。

ログインして全文を読む