ベンダムスチンを使用した低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫(i-NHL)およびマントル細胞リンパ腫(MCL)患者で、2次性悪性腫瘍の発現率は1.54%であることが、全例調査後の長期観察調査によって明らかになった。また長期投与によって新たな副作用の発現は見られなかった。10月31日から11月2日まで大阪市で開催された第76回日本血液学会学術集会で、シンバイオ製薬ファーマコビジランス部の大根有司氏らが発表した。

ログインして全文を読む