再発もしくは難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)に対し、有機ヒ素化合物darinaparsinは安全に投与でき、腫瘍縮小効果も見られることが、多施設共同フェーズ1試験で明らかになった。今回の結果から国際的フェーズ2試験が計画されている。10月31日から11月2日まで大阪市で開催されている第76回日本血液学会学術集会で、名古屋第二赤十字病院血液・腫瘍内科の内田俊樹氏らが発表した。

ログインして全文を読む