転移を有する腎細胞癌(mRCC)の治療では分子標的薬の導入が進み、日本では6剤が使用可能となった。治療選択肢が広がった現在、より効果が高く、より安全な集学的治療のアプローチを確立するため、エビデンスの集積が進められている。

進行性腎細胞癌の集学的治療のエビデンスと実際【癌治療学会2014】の画像

ログインして全文を読む