切除不能大腸癌に対し、セツキシマブ(Cmab)を含む初回治療で、ESMOガイドラインのグループ1の患者では切除率は高く、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)も良好であることが、観察研究CORALの中間報告で明らかになった。またFOLFOX+CmabとFOLFIRI+Cmabでは治療成績に違いは見られなかった。8月28日から30日まで横浜市で開催された第52回日本癌治療学会学術集会で、名古屋医療センター外科の近藤健氏が発表した。

ログインして全文を読む