血中IL-6値はさまざまな癌において予後と関連するといわれているが、切除不能再発大腸癌患者では、予後だけでなく、ベバシズマブに対する感受性にも影響する可能性が示唆された。8月28日から30日まで横浜市で開催された第52回日本癌治療学会学術集会で、名古屋市立大学医学部消化器外科の原賢康氏が発表した。

ログインして全文を読む