切除不能進行再発大腸癌患者において、FOLFOXIRI+ベバシズマブ療法の推奨用量は海外試験での用量と同じであり、日本人においても忍容性が認められることが、国内フェーズ1臨床試験で示された。8月28日から30日まで横浜市で開催された第52回日本癌治療学会学術集会で、愛知県がんセンター中央病院薬物療法部の宇良敬氏が発表した。

ログインして全文を読む