胃癌化学療法によって1日目に発生する急性悪心嘔吐は、ガイドラインに準拠した支持療法でほぼコントロールされていたが、2日目以降の遅発性悪心嘔吐の頻度はいまだ高いことが、日本CINV研究会による多施設共同前向き観察研究で明らかになった。8月28日から30日まで横浜市で開催された第52回日本癌治療学会学術集会で、東京女子医科大学化学療法緩和ケア科の倉持英和氏が発表した。

ログインして全文を読む