UFT+LV療法は大腸癌肝転移に対する術後補助化学療法として、手術単独と比べて、無再発生存期間(RFS)を改善することが、多施設共同フェーズ3試験で確認された。ただし全生存期間(OS)は現時点で有意差がなかった。8月28日から30日まで横浜市で開催されている第52回日本癌治療学会学術集会で、東京山手メディカルセンター外科の伊地知正賢氏が発表した。

ログインして全文を読む