切除不能進行・再発食道癌に対し、シスプラチン(CDDP)とドセタキセルを分割投与するDCF分割化学療法(5-FU、CDDP、ドセタキセル)を検討したフェーズ2試験から、同レジメンの奏効率は高く、副作用として血液毒性に注意が必要であるものの、十分忍容可能であることが示された。8月28日から30日まで横浜市で開催されている第52回日本癌治療学会学術集会で、和歌山県立医科大学第2外科の尾島敏康氏が発表した。

ログインして全文を読む