大腸癌の治療薬として経口マルチキナーゼ阻害剤レゴラフェニブの安全性と有効性は、フェーズ3試験CORRECT試験の日本人サブグループの結果とほぼ同等であることが、市販後調査の中間報告で明らかになった。また調査から全生存期間(OS)と手足症候群の発現に関連性のあることが示唆された。8月28日から30日まで横浜市で開催されている第52回日本癌治療学会学術集会で、埼玉県立がんセンター消化器内科の山口研成氏が発表した。

ログインして全文を読む