第55回日本肺癌学会学術集会で、アファチニブの肺癌治療における役割を考えるうえで興味深い臨床試験が2つ報告されました。1つはLUX-Lung 8試験で、肺扁平上皮癌の2nd line治療としてアファチニブはエルロチニブよりも良好な結果が得られました。

LUX-Lung 8試験とLUX-Lung 5試験からみたアファチニブの役割【肺癌学会2014】の画像

ログインして全文を読む