エクソン19の欠失変異(Del 19)のある進行肺腺癌患者において、アファチニブの初回治療により全生存期間(OS)が有意に改善することが、アファチニブとペメトレキセド+シスプラチンを比較したLUX-Lung 3試験の日本人サブセット解析で明らかになりました。

日本人Del 19肺腺癌患者におけるアファチニブの意義【肺癌学会2014】の画像

ログインして全文を読む