ヒストンデアセチラーゼ阻害剤(HDACi)Abexinostat (S78454)が、再発、難治性のホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、慢性リンパ性白血病(CLL)に有効である可能性が明らかとなった。フェーズ2試験の予備的な解析の結果、示されたもの。6月12日から15日までイタリアミラノで開催されている欧州血液学会(EHA2014)で、フランスInstitut Paoli CalmettesのFlorence Broussais-Guillaumot氏によって発表された。

ログインして全文を読む