自家造血幹細胞移植(ASCT)後の再発リスクの高いホジキンリンパ腫患者にブレンツキシマブ ベドチンを地固め療法として投与すると、プラセボ群と比較して有意に無増悪生存期間(PFS)が延長することが明らかとなった。無作為化二重盲検プラセボ対照フェーズ3試験Aetheraの結果、示されたもの。12月6日から9日までサンフランシスコで開催されている米国血液学会(ASH2014)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのCraig H. Moskowitz氏によって発表された。

ログインして全文を読む