再発または難治性の古典型ホジキンリンパ腫(cHL)に、抗PD-1抗体ニボルマブが有望であることが明らかとなった。フェーズ1b試験で忍容性が確認され、高い抗腫瘍効果が認められた。12月6日から9日までサンフランシスコで開催されている米国血液学会(ASH2014)で、米Dana-Farber Cancer InstituteのPhilippe Armand氏によって発表された。

ログインして全文を読む