新規診断多発性骨髄腫(MM)に対するレナリドミド−低量デキサメタゾン(Rd)療法は年齢に関係なく有効であることが明らかとなった。Rd療法とMPT(メルファラン−プレドニゾン−サリドマイド)療法を比較したフェーズ3試験FIRSTの、年齢による層別解析の結果示されたもの。12月6日から9日までサンフランシスコで開催されている米国血液学会(ASH2014)で、フランスCHU Nancy-BraboisのCyrille Hulin氏によって発表された。

ログインして全文を読む