局所進行腎細胞癌に対するアキシチニブの術前投与は安全で、12週投与により全例に腫瘍の縮小が認められ、予定通り手術を施行できることが示された。アキシチニブ投与によるQOLの悪化もなかった。1月30日から2月1日までサンフランシスコで開催された2014 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、米University of Texas MD Anderson Cancer CenterのJose Karam氏が発表した。

ログインして全文を読む