腎摘除術から5年以上経過後に再発した腎細胞癌患者の予後を予測するのはMSKCCリスク分類であることが示された。再発後に投与した血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(VEGFR-TKI)の種類は予後には影響を与えなかった。1月30日から2月1日までサンフランシスコで開催された2014 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、イタリアUniversita Politecnica delle MarcheのMatteo Santoni氏が発表した。

ログインして全文を読む