転移を有する腎細胞癌(mRCC)に、S-1とソラフェニブの併用が有望である可能性が明らかとなった。国内で行われたフェーズ2試験で高い奏効率が得られたもの。1月30日から2月1日まで米国サンフランシスコで開催された2014Genitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、長崎大学の酒井英樹氏によって発表された。

ログインして全文を読む