poor-risk胚細胞腫瘍(GCT)に対し、BEP療法(ブレオマイシン、エトポシド、シスプラチン)とBEP療法にパクリタキセル、オキサリプラチンなどを加えたdose denseレジメンを比較したフェーズ3ランダム化試験(GETUG13)から、再発についての事後解析が行われ、脳転移は頻度が高く、かつ早期に発生し、dose denseレジメンは脳以外での進行を減らすと考えられる結果が示された。1月30日から2月1日まで米サンフランシスコで開催されたGenitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、フランスInstitut Gustave RoussyのYohann Loriot氏が発表した。

ログインして全文を読む