日本人の転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)でドセタキセルの投薬経験のある患者に、cabazitaxelとプレドニゾロンの併用は有望であることが明らかとなった。フェーズ1試験で忍容性が認められ、一部の患者で抗腫瘍効果が認められた。1月30日から2月1日まで米国サンフランシスコで開催された2014Genitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、がん研有明病院の高橋俊二氏によって発表された。

ログインして全文を読む