経口アンドロゲン受容体阻害薬enzalutamideのアンドロゲン除去療法が無効となった化学療法施行歴のない転移を有する前立腺癌患者(mCRPC)を対象にしたフェーズ3試験、PREVAILの詳細な結果が明らかとなった。1月30日から2月1日まで米国サンフランシスコで開催されている2014Genitourinary Cancers Symposium(ASCO-GU2014)で、米Oregon Health and Science University-Knight Cancer InstituteのTomasz M.Beer氏によって発表されたもの。

ログインして全文を読む