今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)では、大腸癌分野でインパクトの大きい発表として、KRAS変異のない進行大腸癌患者を対象にしたファーストライン治療としての化学療法+ベバシズマブと化学療法+セツキシマブとを比較した第III相試験、CALGB/SWOG80405がありました。

進行大腸癌の最適な一次治療とは?―CALGB/SWOG80405試験より【ASCO2014】の画像

ログインして全文を読む