今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)では、肺癌領域で非常に多くの重要な発表が相次ぎました。その中の1つが肺癌における血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬に関する演題で、今後の肺癌治療を考えていく上で示唆に富むものだと思います。

非小細胞肺癌治療を組織型や有害事象の点から再考する【ASCO2014】の画像

ログインして全文を読む