米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)は、既存の薬物治療を大きく変えるような新しいエビデンスが世界で初めて発表され、世界中の耳目を集める場ではありますが、一方でエビデンスがほとんどないような、希少な癌やマイナーなサブタイプ、組織型、セッティングなどに対する新しい知見も発表されるという点で、癌治療における課題を1つ1つ解消していくという姿勢を感じます。

新たな知見の集積が進む転移性腎細胞癌治療【ASCO2014】の画像

ログインして全文を読む