分子標的治療を受けている腎細胞癌患者において、肥満度が高いほど予後が良好な傾向にあることが示された。5月30日から米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、米Dana Farber Cancer InstituteのL Albiges氏が発表した。

ログインして全文を読む