抗PD-1抗体pembrolizumabが、良好な毒性プロファイルを有し、PD-L1陽性NSCLCに対するファーストラインとして強力な抗腫瘍活性を発揮することが明らかになった。KEYNOTE-001に登録された未治療NCLCL例の解析により示されたもので、5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)で、米国Memorial Sloan Kettering Caner CenterのNaiyer A. Rizvi氏が報告した。

ログインして全文を読む