未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)融合遺伝子陽性の非小細胞肺癌を対象とした、ceritinibのフェーズ1試験(ASCEND-1試験)の結果が公表され、ALK阻害薬の治療歴や脳転移の有無に関わらず、有効性を示すことが明らかになった。5月30日から6月3日まで米シカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、韓国ソウル大学病院のDong-Wan Kim氏が発表した。

ログインして全文を読む