マイクロサテライト不安定性(MSI)の頻度が高い結腸癌に対し、FOLFOX療法による術後補助療法は有効であることが、フランスの多施設共同レトロスペクティブ研究AGEOで明らかになった。フランスPoitiers University Hospital のDavid Tougeron氏らが5月30日から6月3日までシカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で発表した。

ログインして全文を読む