sensitive relapseの再発小細胞肺癌(SCLC)患者に対し、シスプラチン、エトポシド、イリノテカンの併用療法(PEI療法)は、主要評価項目である全生存期間(OS)を有意に改善し、標準的なセカンドライン治療となると考えられる結果が、フェーズ3のJCOG0605試験から示された。5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、独立行政法人国立がん研究センター東病院呼吸器内科の後藤功一氏が発表した。

ログインして全文を読む