ランダム化フェーズ3試験REVELにおいて、ドセタキセルとRamucirumabの併用が、非小細胞肺癌(NSCLC)に対するセカンドライン治療として、初めて化学療法単独と比較して有意に全生存期間(OS)を延長した。5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催された第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)で、フランスCancer Research Center of LyonのMaurice Perol氏が報告した。

ログインして全文を読む