EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌に対する1次治療として、エルロチニブとベバシズマブの併用はエルロチニブ単独投与に比べて大幅に無増悪生存期間(PFS)を延長することが、前向きランダム化試験の結果から示された。5月30日から米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、神奈川県立循環器呼吸器病センターの加藤晃史氏が発表した。

ログインして全文を読む