EGFRにDel19を持つ進行非小細胞癌(NSCLC)患者への1次治療としてEGFR-TKIのアファチニブを投与すると、化学療法を行った場合に比べて、全生存期間(OS)が延長できることが明らかとなった。

ログインして全文を読む