閉経前ホルモン受容体(HR)陽性乳癌患者に対し、卵巣機能抑制(OFS)との併用において、アロマターゼ阻害薬(AI)のエキセメスタンはタモキシフェンと比べて再発リスクを有意に減少させることが、2件のフェーズ3試験、TEXT試験とSOFT試験の共同解析から明らかになった。5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)のプレナリーセッションで、スイスInstitute of Oncology of Southern SwitzerlandのOlivia Pagani氏が発表した。

ログインして全文を読む